インプラントと歯科衛生士

歯科治療の細菌の治療方法といえば、インプラントでしょう。インプラントとは、歯がなくなった骨にインプラントという人工の歯根を植え込むものです。この方法であれば、入れ歯が合わない人や、入れ歯の影響で食事がおいしく感じられなくなってしまった人にも適しています。

それに伴い、歯垢の除去といったプラークコントロールをする必要もあります。口の中を清潔に保てずに歯茎に炎症が起こってしまった場合、もともとの歯よりもインプラントの方がもろいため、組織の破壊が広い範囲に及んでしまうという説もあります。

インプラント手術を受けた後、抜歯が済んだら少なくとも一週間に一度は歯科医院に通い、歯科衛生士に口の中を清掃してもらう必要があります。個人差はありますが、手術から三週間ほどが経過した後も、数週間おきに通院することが多いようです。

最新の治療方法が生み出されること等により、歯科衛生士の専門性は今後もさらに高まっていくことが考えられます。これは歯科衛生士によってはプラスになることでしょう。なぜなら、法律で禁じられているにもかかわらず、国家資格を持っていない歯科助手を歯科衛生士の代わりとして働かせている歯科医院も存在するからです。

新たな治療法の確立により、知識が豊富な歯科衛生士の需要が高まることでしょう。