歯科衛生士に向いている人

歯科衛生士の主な業務は歯科医をサポートする補助業務です。そのため、歯科衛生士は気配りができる人が向いている職業といえます。また、歯科衛生士は非常に細かい作業を多くこなさなければならないため、がさつな人では失敗するおそれがあります。

ある歯科医師は、大きな音を立てて歩き回る歯科衛生士のせいで仕事に集中できないと語ります。この歯科衛生士は、仕事自体はできるそうなのですが、こうした気配りに欠けるそうです。

歯科衛生士は常に神経を集中させて仕事を行っています。このように気配りができない歯科衛生士がいると仕事に支障が出てしまうのです。

また、病院には取扱いに気をつけなければならない薬品も数多く置いています。雑に扱ってしまえば、自分だけでなく周りの人に大きな迷惑をかけてしまうかもしれません。

周りに気を配れる人であれば、病院全体の効率や医療の質の向上にもつながると思います。したがって、歯科衛生士はただ仕事をこなすだけでなく、歯科医や患者への丁寧な気配りをできるようにならなければならないのです。

歯科衛生士に限ったことではありませんが、周りの人と協力してお互いに仕事をしやすい環境を作ることがとても大切なことだと頭に入れておきましょう。