歯科衛生士に必要なもの

歯科衛生士の仕事は、時に粘り強さも必要とされます。たとえば、患者を説得する場合。虫歯の治療が済めば痛みはなくなり、患者はなぜ虫歯になったかを忘れてしまいます。虫歯を防ぐためには、治療後も規則正しい生活を送ることが必要です。しかし、多くの人はなるべく面倒なことはやりたくないと思うもの。こういった患者を説得して歯科医に来てもらうのも歯科衛生士の仕事です。なぜ予防が必要なのかをしっかりと説明し、患者を納得させる粘り強さがなければいけません。

しかし、熱心に指導しても、時に患者から裏切られることもあると思います。だからといって落ち込まず、それでも熱意を持って根気よく指導ができる人物になることが歯科衛生士の求められる要素となってくるでしょう。

また、歯科医で働くために、技術を習得することも一朝一夕ではできません。ここでも粘り強さが必要です。歯石の除去に使われるスケーラーという道具は、使い方によって患者の感じ方も治療の効果も全く変わります。ミリ単位で行われる細かい作業のため、技術を身につけるためには長い時間を要します。したがって、粘り強く訓練と実践を続けなければなりません。面倒だからと怠けるような性格の人には、歯科衛生士は向いてないかもしれません。