乱ぐい歯と歯並び

矯正後、「あごの関節と頭が痛み、肩が張る」「矯正したのにうまくかめない」「上下の歯の中心がずれてきて歯のデコボコがとれない」と訴え、現在の矯正専門クリニックを受診したケースです。驚くべきことに、このときすでに別の矯正専門クリニックで三年間矯正治療を受けていたのです。それなのにかみ合わせが不安定でどこでかんでいいのかわからない状態でした。しかもあごの顎関節が痛み、頭痛、肩こりなどが出る症状になっていました。以前のクリニックでは、乱ぐい歯で歯並びのデコボコ(叢生)と受け口を治療したとのこと。その際に、下あごの左右の第一小臼歯二本を抜歯。 以前のクリニックで矯正治療を開始して間もなく、あごの関節に雑音を感じ、痛みをともなっていたことは訴えていたそうです。そのクリニックでは矯正治療後、あごのズレに関しては「歯のまん中が合うように、ずらして、かんでください」との指示を受けたといいます。そもそもまん中がピッタリ合って、正しいかみ合わせにするのが矯正なのに、これでは意味がありません。クリニックで検査したところ、下あごの骨の左方向へのゆがみがひどく、矯正治療単独では改善できない状態。また、多数の歯に不良な詰め物をされていたこともわかりました。そこで外科的な矯正治療として、上下のあごを移動する 手術とオトガイ(下あごの正面)形成術が必要でした。このように矯正が失敗するケースもあります。気を付けたいです。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *